自宅で綺麗に首のイボを取る方法

首イボ

歳とともにポツポツと増えていくイボを何とかしたいと思っていませんか?
首だけでなく、目元や胸元、脇元にもイボができている方もいるのではないでしょうか?

 

首にイボがあると自分の肌に自信が持てないし、首イボが気になって気分が下がってしまいますよね。このサイトでは、そんなあなたに首のイボを取る方法について紹介します!

 

あなたがこの先の文章を読み進めることで、

  • 年をとるに従って、どんどん増えていく首のイボの原因が分かります!
  • あなたにとって最も良い首のイボを取る方法が分かります!
  • 自宅で安全に首のイボを取る方法が分かります!
  • 自分の肌に自信が持てるようになります!
  • 首イボが気にならなくなり、毎日明るく若々しくいられます!
  • ネックレスやオシャレを自信を持って楽しめるようになります!

 

あなたは病院での治療に対して「液体窒素などの痛い首イボ治療は嫌」「レーザーを使った高い費用の首イボ治療は嫌」「通院するのが面倒」「メスを使った首イボ切除が怖い」と感じていませんか?

 

あなたと同じ気持ちになっている女性は多いようです。そのような女性の多くが、できれば自宅で、安全に痛くない方法で、首のイボを取りたいと思っています。

 

そこで、このサイトでは、主に自宅で綺麗に首のイボを取る方法を紹介します。

 

自宅で首のイボを取る方法には、主に「生活習慣の改善」「紫外線対策」「スキンケア」があります。その中でも、ジェルクリームやオイルを使うだけで首のイボ対策ができてしまうスキンケアが、最も簡単でおすすめの方法です。

 

首イボ専用クリームランキング

 

 

どうして年齢に従って首のイボが増えていくの?

まずは首のイボを取る方法を紹介していく前に、首のイボの原因についてお話ししましょう。どうして年齢に従ってポツポツと首のイボが増えていくと思いますか?

 

その原因は、「皮膚の老化」です。

 

年齢に従って、お肌のターンオーバー(お肌の新陳代謝)は悪くなっていきます。そのため、古くなった角質が肌に蓄積されてしまうようになります。その蓄積された古い角質が「首のイボ」なのです。

 

さらに紫外線を浴びることで、お肌にダメージを受け、皮膚の老化現象が加速します。(これを光老化と言い、紫外線による皮膚の老化現象のことを指します。)その結果、さらにターンオーバーが悪くなり、シミやシワが現れ、角質が分厚くなっていき、首のイボができやすい状態になってしまいます。

 

このように皮膚の老化によって起こる「首のイボ」を、専門用語では「老人性イボ」や「脂漏性角化症」と呼びます。

 

自宅で綺麗に首のイボを取る最もおすすめな方法とは?

自宅で綺麗に首のイボを取る方法として、最もおすすめな方法が首イボ対策専用のジェルクリームやオイルを使うことです。

 

その理由は、「通院するのが面倒」「痛い治療法は嫌」「費用の高い首イボ治療法は嫌」「首イボ治療後に傷跡が残るのが嫌」など、病院での首イボ治療に抵抗がある女性の意見や、

 

自宅で首のイボを取る方法で「目に見える変化を感じたい」「他の人がやっていて、結果の出ている首イボ治療方法を自分もやってみたい」「自分で早く首のイボを取りたい」「これ以上、首のイボができないようにしたい」といった女性の意見を踏まえると、

 

首イボ対策専用ジェルクリームやオイルの活用が一番適しているからです。

 

首イボ専用クリームランキング

 

 

 

首のイボを病院で治療する場合の選択肢5つ

首イボの治療法

ここで、首のイボ対策としてジェルクリームやオイルを使った方が良い理由をさらに理解するために病院での首のイボを取る方法について紹介します。

 

病院での首のイボを取る方法は主に「液体窒素」「レーザー」「電気焼灼治療」「外科的手術」「内服薬」の5つです。

 

病院での首のイボを取る方法@:液体窒素

マイナス196.8度の液体窒素を染み込ませた綿棒を首イボに当てることで細胞を凍結させる治療法です。液体窒素に接触した首イボは、かさぶたとなり、自然に取れます。

 

この首のイボを取る方法の場合、1回の治療では不十分で、数ヶ月に渡って何度も病院に通う必要があります。そのため、治療費用も掛かります。さらに、液体窒素を使うことで、低温火傷による強い痛みを感じることもある上に、色素沈着やシミとなって残ることもあります。

 

なので、「通院が面倒」「痛い首イボ治療法が嫌」「費用の高い首イボ治療法が嫌」「傷が残る可能性がある首イボ治療法は嫌」といった女性には向かない首イボ治療法と言えます。

 

病院での首のイボを取る方法A:レーザー

炭酸ガスレーザーを使って、首のイボを切除します。首イボ治療後は皮膚の修復を助ける薬を塗ることで、数ヶ月後には周囲の皮膚と区別がつかない状態に近づけます。

 

レーザーで首のイボを取る場合、1回〜2回の通院で、液体窒素に比べると痛みは少なく、処置後も美しく仕上がります。ですが、保険適応外の場合が多いので費用が高い上に、うっすらと傷跡が残ってしまうこともあります。

 

なので、「少しでも痛みを感じる首イボ治療法は嫌」「費用の高い首イボ治療法が嫌」「傷が残る可能性がある首イボ治療法は嫌」といった女性には向かない首イボ治療法と言えます。

 

病院での首のイボを取る方法B:電気焼灼治療

電気焼灼治療は、電気メスを使用して首のイボを取る切除術です。医師の技量によって傷跡がどれくらい残るのか左右されます。この首のイボを取る方法の場合、健康保険が適応されることも多いです。

 

ですが、処置後は一時的な傷跡ができ、2週間ほどで傷跡は治っていきます。医師の技量によっては傷跡がそのまま治らないことも考えられます。

 

なので、「少しでも痛みを感じる首イボ治療法は嫌」「傷が残る可能性がある首イボ治療法は嫌」といった女性には向かない首イボ治療法と言えます。

 

病院での首のイボを取る方法C:外科的手術

首のイボがあまりに大きく、液体窒素やレーザーでも処置できない場合は、外科的手術によって首のイボを取ります。

 

この首のイボを取る方法においても健康保険が適応されることが多いです。ですが、処置後は一時的に傷跡ができ、2週間ほどで傷跡は治っていきます。

 

なので、「少しでも痛みを感じる首イボ治療法は嫌」「傷が残る可能性がある首イボ治療法は嫌」といった女性には向かない首イボ治療法と言えます。

 

病院での首のイボを取る方法D:内服薬

ハトムギから抽出したヨクイニンという薬を内服することで首のイボを取る方法です。天然成分で構成されているため、副作用がないので体に優しい治療が行えます。

 

この首のイボを取る方法の場合、ハトムギに含まれるコイクノライド(=ハトムギエキス)によって皮膚の新陳代謝を高め、角質細胞の代謝を活発にし、ニキビやアトピー性皮膚炎、肌荒れ、イボなどに働きかけ、肌を滑らかにしてくれます。

 

ハトムギエキスを配合した内服薬は、市販でも販売されていますし、病院での処方では保険が適応されます。

 

ですが、ハトムギエキスを内服する場合、徐々に効果が現れるので、首のイボを取るのに時間がかかります。皮膚科では液体窒素による治療法と併用して活用されることが多く、通院が必要になります。

 

なので、「通院が面倒」「どうせ液体窒素を使って痛い思いをするなら嫌」だという女性には向かい首イボ治療法になります。

首のイボの病院での治療は根本的な解決にならない!

実は、病院で首のイボを取る方法に共通するデメリットが、「一時的な処置に過ぎない」ということです!「液体窒素」「レーザー」「電気焼灼治療」「外科的手術」といった首のイボを除去する方法は一時的であり、再発する可能性もゼロではありませんし、別の場所に出来てしまったら再度病院に行くことになります。

 

なので、「切除しては、また首のイボが出来て…。切除しては、また首のイボが出来て…。」と繰り返してしまうことも考えられます。

 

病院で首のイボを取る場合、ハトムギエキスを使った内服薬が皮膚の新陳代謝を高めて、首イボの除去と再発を防ぎます。ですが、病院では液体窒素やレーザーなどと併せて行う首イボ治療法なので、「痛み」や「傷跡が残るリスク」は避けることはできないでしょう。

 

そこで、病院で首イボ治療するなら「今ある首のイボを取るという目的」で活用した上で、自分で今後これ以上首のイボが出来ないように予防することが大切になってきます。それが根本的な首のイボの解決策となります。

 

そして、自分で首のイボが出来にくいようにするのが、「生活習慣の改善」「紫外線対策」「スキンケア」によるお肌の新陳代謝の活性化です。これが首のイボを予防し、これからの首のイボの発生を抑えます。

根本的に首のイボを解決するためには?

病院での首イボ治療は「痛みが伴う」「通院が必要」「費用が高い」「傷跡が残る」「一時的な処置に過ぎない」といったデメリットがあるため、自宅で首のイボを取りたいと思う女性も多いのではないでしょうか?そこで、自宅で首のイボを取る方法を紹介していきます。

 

自宅で首のイボを取る方法の中でも、必ず行いたい方法が「首イボ対策専用のジェルクリーム(オイル)の活用」です。

 

その理由は、これからの首イボの発生を防ぐこともできるため、根本的な解決になるからです。また、他の人が行って結果が出ている方法なので、今首のイボに悩んでいる方も、他の人と同じような結果が得られやすいからです。

 

首イボ専用クリームランキング

 

 

 

自宅で首のイボを取る方法3つ

首のイボ

それでは、自宅で首のイボを取る方法について具体的にお話ししていきます。自宅で首のイボを取る方法は主に「生活習慣の改善」「紫外線対策」「スキンケア」の3つです。

 

首のイボの原因は、「皮膚の老化」だとすでにお伝えしました。加齢や紫外線によって、皮膚が老化することで、オーバーターン(新陳代謝)が悪くなる。その結果、古い角質が蓄積され、首のイボができてしまうというメカニズムです。これを踏まえた上で、自宅で首のイボを取る方法について読んで下さい。

 

自宅で首のイボを取る方法@:生活習慣の改善

お肌に影響を与える生活習慣は大切です。タバコ、ストレス、睡眠不足は、お肌に悪影響を与えます。お肌のターンオーバー悪くし、首のイボができやすくなるので注意が必要です。

 

なので、禁煙に努め、十分な睡眠をとるようにして下さい。またストレス対策としては、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動がおすすめです。ストレスを減らすだけでなく、お肌の新陳代謝が良くなります。

 

また皮膚は栄養素によって形成されるため、ビタミンCやビタミンEなどのお肌に良い栄養素を食事やサプリメントで摂取することも大切です。

 

このように生活習慣を改善していくことで、首のイボを取ることができ、これからの首イボの発生を抑えることができます。ですが、生活習慣の改善による首のイボを取る方法による効果には時間がかかることを理解しておく必要があります。

 

また目に見える変化がありませんので、「禁煙したから首のイボが治った」「栄養をたっぷり摂ったから首のイボが治った」というようにハッキリと変化を実感することはできません。

 

さらに「タバコは元々吸わない」「特にストレスはない」「睡眠も毎日6時間以上とっている」「すでに栄養バランスの良い食事をしている」という女性にとっては、「コレだっ!!」という首イボの明快な解決策にならないかもしれません

 

そのような女性には、紫外線対策とスキンケアに力を入れることをおすすめします。

 

自宅で首のイボを取る方法A:紫外線対策

紫外線はお肌にダメージを与え、老化させます。そのため、お肌のターンオーバーが悪くなり、首のイボが出来やすくなります。なので、紫外線対策も大切です。

 

日焼け止めや、日傘、帽子などの紫外線対策グッズを活用し、できるだけ紫外線に浴びるのを防ぎましょう。また紫外線対策用のサプリなどを利用し、内側から紫外線対策を行うのもおすすめです。

 

ですが、この紫外線対策による首のイボを取る方法も、生活習慣の改善と同様に、ハッキリの変化を感じることができません。またすでにある程度の紫外線対策を行っている女性にとっては、明快な解決策にならないかもしれません。

 

そのような女性の場合、まずは生活習慣の改善に力を入れてみましょう。ですが、現状の生活習慣に問題がない場合は、スキンケアによって首イボを対策するしかありません

 

自宅で首のイボを取る方法B:スキンケア

お肌の保湿は重要です。お肌が乾燥していると紫外線の刺激から守ってくれるバリア機能が弱くなります。そのため、紫外線による皮膚の老化現象が進行し、首のイボができやすくなってしまいます。

 

なので、化粧品などを活用し、しっかりと保湿することが大切です。

 

そこでおすすめが、首イボ対策専用のジェルクリーム(オイル)を使うことです。首イボ対策専用のジェルクリーム(オイル)には、首イボに良い成分が配合されているだけでなく、日常の化粧水や保湿クリームとしても使えるオールインワンジェルクリームもあります。

 

なので、そのような首イボ対策専用のジェルクリームを使うことで、お肌の保湿を行えるだけでなく、首イボ対策まで行うことができます

首イボ対策専用ジェルクリーム人気ランキング

首イボ対策専用ジェルクリームで人気の商品を3つ厳選して紹介します。どの商品も首イボ対策専用商品として、多くの方が使っており、利用者のみなさんが喜びの感想を述べている商品です。

 

さっそくジェルクリームを選んで、あなたも気になる首のイボと「さようなら」をして、若々しい首美人を目指しましょう♪

 

 

首のイボを取るジェルクリーム−艶つや習慣

艶つや習慣の特徴

艶つや習慣は、あきらめていた女性が選んだ、ポツポツケア人気No.1のジェルクリームです。

首元・目元・胸元などのポツポツに効きます。首イボの内服薬に使われるハトムギエキス配合をしています。
角質ケアとスキンケアが同時にできるオールインワンので、毎日のポツポツ対策が簡単にできます。使って間違いなし!信頼できるそのワケは、お客様満足度が97%だからです♪

価格 4,104円Web限定初回2,052円
評価 首のイボを取るジェルクリームの評価5
備考 艶つや習慣がポツポツケアNo.1ジェルです。利用者のみなさんが喜びと感動を感じたそうです。首のポツポツに悩んでいるのでしたら、是非一度使ってみてはいかがでしょうか
 
 

首のイボを取る方法−シルキースワン

シルキースワンの特徴

シルキースワンは、首元専用ジェルです。

ハトムギエキス配合をしています。しっとりが続くのにサラッとベタつかないという特徴に加え、バーベナの香り付けがされているのも特徴です。
初回は1,777円と安いですが、2回目以降は5,400円と高めなジェルです。

価格 9,800円初回1,777円
評価 首のイボを取る方法−評価4
備考 身体のどこでもポツポツ対策できる”艶つや習慣”と比べると、少し高めの商品で、首がメインの商品です。香りがする美容ジェルをお求めの方におすすめです。
 
 

首のイボを取る方法−アンミオイル

アンミオイルの特徴

アンミオイル(杏仁オイル)は、顔と首のポツポツに良いオイルです。

豊富に含まれるパルミトレイン酸が皮膚をやわらかく滑らかな肌にしてくれます。オイルですが、油やけの心配がないので安心して使えます。すばやく皮膚に浸透して潤いを与えてくれます。

価格 1340円初回980円
評価 首のイボを取る方法評価3
備考 アンミオイルはジェルクリームではありませんが、人気商品の1つです。ですが、オイルなのでオールインワンではなく、毎日のケアに面倒を感じてしまうこともあるかもしれません。またオイルなので、顔のテカリが心配な方は艶つや習慣などのジェルクリームがおすすめです。
 

自宅で首のイボを取りたいなら、艶つや習慣がおすすめ!

 

首のイボを取る方法−艶つや習慣の紹介

「病院での治療は行いたくない!できれば自宅で自分で首のイボを取りたい!」そんなあなたにおすすめなのは、艶つや習慣です。

 

艶つや習慣なら、

  • 液体窒素や切除手術と違って、痛みもなく、安全に首のイボを対策することができます!
  • これからの首のイボの発生も対策することができます!
  • 通販で注文すれば、通院する必要もなく、楽に首のイボが対策できます!
  • 皮膚科でのレーザー治療や通院することを考えると、費用も高くはありません!
  • オールインワンジェルなので、これまで使っていた化粧水と保湿クリームの変わりに”艶つや習慣”1つで首のイボ対策が完了してしまいます!
  • オールインワンジェルなので、これまで使っていた化粧水と保湿クリーム分のお金が節約できます!
  • オールインワンジェルなので、化粧水に、保湿クリームに、イボ対策剤にと、面倒なことは不要です。忙しい朝でもひと塗りで完了するので、毎日続けられます!
  • たっぷり大容量の120gなので、首だけでなく、気になる顔、目元、胸元など全身に使うことができお得です!

 

艶つや習慣は、あきらめていた多くの女性が認めた人気No.1ジェルクリームです。利用した多くの女性が喜びの結果を手に入れた”艶つや習慣”で、あなたもポロッと取れる感動を体験してみてはいかがでしょうか

 

首のイボを取る方法−艶つや習慣の案内

 

やっぱり自宅で綺麗に取るなら、専用ジェルクリームがおすすめ!

これまで首のイボを取る方法として、病院で行う治療法のデメリットを解説し、自宅で首のイボを取る方法を紹介してきました。そして、自宅で首のイボを取る方法である「生活習慣の改善」と「紫外線対策」も、すでに行っている女性にとっては明快な解決策にはならないことも知って頂きました。

 

なので、自宅で綺麗に首のイボを取る方法としては、首イボ対策専用ジェルクリームをまずは試してみることがおすすめです。

 

首イボ対策専用ジェルクリームを使うことをおすすめする理由としては、「病院で行う首イボ治療法のデメリット」「生活習慣の改善と紫外線対策が首イボの明快な解決策にならない」といった理由以外にも、「他の人が行って結果が出ている」からです。

 

なので、あなたも使ってみることで、良い結果が出た人と同じように、良い結果が出ることを期待できます

 

首イボ専用クリームランキング

 

首イボ治療が受けられる病院(クリニック)の選び方・探し方

あまりにも大きくなりすぎた首イボを除去したい場合、医療機関で首イボを除去したい場合などは、病院(クリニック)での治療になってきます。そこで、首イボを病院(クリニック)で治療したいと思ったら、皮膚科病院(クリニック)か、美容皮膚科病院(クリニック)になります。

 

皮膚科病院(クリニック)と美容皮膚科病院(クリニック)の違いとは?

皮膚科病院(クリニック)は、皮膚の病気を治すことを目的とした病院です。皮膚科病院(クリニック)は、基本的には保険診療をメインになります。湿疹、水虫、じんましん、などの一般的な皮膚のかゆみや発疹の治療を行うなら、皮膚科病院(クリニック)になります。

 

一方、美容皮膚科病院(クリニック)は、より美しい肌にすることを目的とした病院です。美容皮膚科病院(クリニック)は、基本的には自費診療がメインになります。ボトックスやヒアルロン酸などの施術、美容外科的施術を受ける場合、美容皮膚科病院(クリニック)になります。

 

ですが最近では、保険診療も自費診療も行っている皮膚科病院(クリニック)や美容皮膚科病院(クリニック)が増えてきています。

 

首イボを治療するための病院(クリニック)の選び方とは?

首イボを病院(クリニック)で治療したい場合は、皮膚科病院(クリニック)や美容皮膚科病院(クリニック)なります。ですが、どの病院(クリニック)を選ぶかで、選択できる治療法が変わってきます

 

皮膚科病院(クリニック)では、液体窒素を使った保険診療を受けられます。美容皮膚科病院(クリニック)では、レーザー切除などの自費診療が受けられます。

 

最も理想的なのは、保険診療も自費診療も行っている皮膚科病院(クリニック)か美容皮膚科病院(クリニック)に行くことです。そうすれば、治療法の選択肢が広がります。液体窒素では治らなかったという場合、自費治療にも移行することができます。わざわざ病院を変える必要がないので便利です。

 

いずれにしても、病院(クリニック)で治療を行う際は、「その病院が、皮膚科なのか、美容皮膚科なのか?」「どのような治療法を行っているのか?」「医師の実績はどれほどか?」を調べておきましょう。

 

病院(クリニック)の選び方!3つのポイント
  • その病院が、皮膚科なのか、美容皮膚科なのか?
  • どのような治療法を行っているのか?
  • 医師の実績はどれほどか?

 

首イボを治療するための病院(クリニック)の探し方とは?

病院(クリニック)の探し方は、@近所の病院(クリニック)を探す、A知人から病院(クリニック)を聞く、Bネットで病院(クリニック)を検索する、C書籍から病院(クリニック)を探す、といった方法があります。

 

「@近所の病院(クリニック)を探す」と、「A知人から病院(クリニック)を聞く」については、一般的な方法なので説明は省かせて頂きます。

 

Bネットで病院(クリニック)を検索する探し方

最近では、ネットで病院(クリニック)を探すことができます。ネットで探す場合は、病院検索サイトを使うと良いでしょう。例えば、次のようなサイトがあります。

 

日本皮膚科学会の皮膚科専門医MAP

https://www.dermatol.or.jp/modules/spMap/

 

日本皮膚科学会の皮膚科専門医MAP

 

このサイトは、公益社団法人の日本皮膚科学会が運営しているサイトです。このサイトでは、皮膚科専門医を検索することができます。

 

都道府県別、指導専門医ごと(皮膚悪性腫瘍指導専門医か、美容皮膚科・レーザー指導専門医)で、検索を絞り込むことができます。

 

株式会社カルーが運営する病院検索サイト

https://caloo.jp/hospitals/search/all/k41

 

株式会社カルーが運営する病院検索サイト

 

このサイトは、株式会社カルーが運営している病院検索サイトです。このサイトでは、病院を検索することができます。このサイトの特徴は、口コミが掲載されている点です。

 

口コミを知りたい方は、このサイトで確認すると良いでしょう。

 

※ネットの検索で病院(クリニック)を見つけても、容易に信頼してはいけません。しっかりと医師の専門分野、実績、提供している治療法などを調べましょう。

 

C書籍から病院(クリニック)を探す

4つの病院の探し方の中で、最も信頼できるのは、この方法です。書店に行って、皮膚科の本を読んでみる。本の内容や、医師の考え方、実績、治療法などを知った上で、自分が信頼できる医師を見つけます。

 

その上で、その医師に診てもらうようにします。

 

この方法なら、予め医師について考え方や、実績、治療法を知った上で、自分が良いと判断した治療を受けることができます。

 

首イボ専用クリームランキング

 


Q&Aコーナー

Q&Aコーナーでは、首イボに関する情報をQ&A形式で紹介していきます。首イボに悩んでいる方は、参考にして下さい。

 

Q1:首や顔のポツポツの正体とは?

A1:ポツポツの正体は、角質です。

 

首や顔のポツポツが増えてきて、どうにか無くしたいと思ったことはないでしょうか?ポツポツの正体は、古くなった角質が肌に蓄積された角質の塊です。

 

歳を重ねるごとに、私たいのお肌のターンオーバーは悪くなってしまいます。その結果、古くなった角質が肌に蓄積されていき、古い角質がポツポツとできるようになってしまうのです。

 

また紫外線を浴びることで、ポツポツが出やすくなります。紫外線によって、ダメージを受けた皮膚は、老化が加速します。すると、ターンオーバーが悪くなってしまい、シミやシワが現れ、角質が分厚くなっていきます。角質が分厚くなると、蓄積された角質がポツポツになってしまいます。

 

これが、ポツポツの正体なのです。

 

Q2:首いぼの原因として考えられるのは?

A2:首いぼの原因には、ウイルス、加齢、体質などがあります。

 

首いぼの原因は、様々ですが、次の3つが代表的な原因です。

  1. ウイルス
  2. 加齢
  3. 体質

 

首いぼの多くが、加齢や体質によってできるものです。ですが、首いぼの中には、悪性のものや、ウイルスによってできるものもあります。

 

悪性やウイルスによってできる首いぼの場合は、医師によって見てもらう必要があります。ウイルス性の首いぼの場合は、免疫力が低下したためにウイルスに感染したことが考えられます。

 

なので、ウイルス性の首いぼを防ぐには、過度なストレスを避け、規則正しい生活をして、免疫力を高めておく必要があります。

 

では、加齢によってポツポツとできる首いぼを防ぐには、どのようにすればいいのでしょうか?

 

このような首いぼの場合は、加齢を遅らせるアンチエイジングが重要になってきます。ですが、次のことが原因で、皮膚の加齢を加速させてしまっていることもあります。

 

 

ポツポツとした首いぼの場合は、紫外線やネックレスなども原因となりますので、注意をする必要があります。

 

Q3:老人性イボとは?

A3:老人性イボは、老化現象によってできるイボです。

 

老人性イボは、老化現状によってできるイボです。首などにポツポツとできるイボの多くが、老人性イボです。老人性イボは、他にも「老人性ゆうぜい」や「脂漏性角化症」などと呼ばれています。

 

老人性イボの予防法は、紫外線対策や保湿となります。このぺージで紹介してきた首いぼの対策と同じです。

 

他にも、老人性イボの場合は、ポツポツ専用クリームなどで対策することができます。老人性イボにおいては、スキンケア習慣は、非常に重要なので、今一度確認しておきましょう。

 

Q4:首以外にもできる!イボのできやすい箇所とは?

A4:首イボは、脇の下、胸、脇腹、鼠径部(そけいぶ)などにもできます。

 

首のイボは、次のような場所にできることもあります。

  • 脇の下
  • 脇腹
  • 鼠径部(そけいぶ)

上記の場所は、皮膚が薄い場所です。つまり、首のイボは、脇の下、胸、脇腹、鼠径部(そけいぶ)などの皮膚が薄い場所にできやすいのです。

 

Q5:首イボに効く有効成分って何?

A5:首イボに効く有効成分は、コイクノライド、パルミトレイン酸、ドクダミです。

 

首イボに効く有効成分として知られているのが、次の3つです。

 

コイクノライド

コイクノライドとは、ハトムギの成分のことです。コイクノライドは、新陳代謝を高める効果があると言われています。そのため、皮膚の代謝を活発にし、排膿や解毒を促進させます。イボだけでなく、ニキビや肌荒れ、アトピー性皮膚炎などにも効果があり、肌を滑らかにするといわれています。

 

コイクノライドは、ハトムギに含まれている成分います。そして、ハトムギを使った生薬が、ヨクイニンです。ヨクイニンは、イボ治療に使われる内服薬でもあります。

 

パルミトレイン酸

パルミトレイン酸とは、脂肪酸のことで、ターンオーバーを助けてくれます。そのため、パルミトレイン酸は、肌の保湿効果と、肌の代謝を上げてくれます。ですが、パルミトレイン酸は、歳をとるに従って、減少してしまうため、不足分を補ってあげることが必要です。

 

パルミトレイン酸は杏仁オイルにたくさん含まれています。なので、ポツポツ対策の商品にも、杏仁オイルを使ったものがあります。

 

ドクダミ

ドクダミとは、東アジア地域に分布する多年草草木です。ドクダミには、デカノイルアセトアルデヒドやクエルシトリン、イソクエルシトリン、ミネラルなどの成分を含んでいます。古くからさまざまな体の不調に効果があると民間療法に使用されてきました。

 

ドクダミには殺菌・除菌の作用があると言われています。そのため、ウイルス性のイボの治療や予防に対して効果があると言われています。

 

Q6:妊娠中にヨクイニンを服用するのは危険って本当?

A6:妊娠中は、ヨクイニン(ハトムギ)の服用は控えましょう。

 

ヨクイニン(ハトムギ)という生薬は、妊娠中の女性は、服用を控えるように注意が促されています。なので、ヨクイニン(ハトムギ)を服用したい場合は、担当医師に相談してからが良いかと思われます。

 

Q7:首イボに効くお茶はある?

A7:はと麦茶が首イボに効くと言われているお茶です。

 

首イボのためにお茶を飲むなら、はと麦茶というお茶がおすすめです。

 

はと麦茶は、イボ治療に使われる内服薬ヨクイニンを抽出する元です。なので、はと麦茶を継続的に飲むことで徐々にイボが小さくなる効果を期待できると言われています。

 

このお茶は、市販でも販売されているので、お買い求めのしやすいお茶です。なので、お手軽な首イボ対策となります。

 

Q9:イボコロリは首イボに効く?

A9:イボコロリは、首イボ対策に使ってはいけません。

 

ibokorori

 

イボを治す商品として有名なイボコロリですが、イボコロリは、首イボ対策に使ってはいけません。イボコロリは、魚の目やタコなどの、皮膚の分厚ところにできるイボを治す商品です。

 

そのため、イボコロリの注意項目には、しっかりと「首などの皮膚のやわらかい部分」には使用しないで下さいと明記されています。

 

ですが、内服用のイボコロリなら、首イボ対策に使えます。

 

ibokorori_medishin

 

内服用のイボコロリは、首イボに良いとされるヨクイニンを含んでいます。なので、こちらのイボコロリなら、首や顔にできるポツポツ対策となるでしょう。

 

Q10:首イボに効く薬は?

A10:首イボに効くとされる薬には、ヨクイニンが配合された薬がおすすめです。

 

首イボに使われる薬としてヨクイニンがあります。ヨクイニンを配合した医薬品には、市販薬のもあります。

 

yokuinin_s

 

例えば、ヨクイニンS「コタロー」という第3類医薬品には、ヨクイニンが配合されています。

 

yokuinin_2

 

また、ヨクイニンエキス顆粒クラシエという第3類医薬品にもヨクイニンが配合されています。

 

上記のようなヨクイニンを配合した薬なら、薬局でも販売されているのでお買い求めしやすいでしょう。

 

ですが、直接、ヨクイニンを首イボに塗布したいという場合は、ヨクイニンを配合したクリームを使うのがおすすめです。

 

首イボ専用クリームランキング