コラム記事一覧

いつのまにか首にボツボツとしたできものができていて気になる…。痛みやかゆみなどの症状はないけれど、茶色いボツボツがたくさんできてしまって汚く見えてしまうことで悩んでいる人は多いのではないでしょうか。そのボツボツ!実は老人性イボという皮膚の老化によってできてしまう肌トラブルなんです。ここでは老人性イボの予防やケアについてご紹介していきます。老人性イボってなに?老人性イボとは、皮膚にできる良性の腫瘍の...

中年以降に顔にぽつぽつとできる老人性イボは一度できてしまうとなかなか治ってくれない厄介なものです。本来老人性イボというものは良性の腫瘍ですから、気には障る存在ですけれども積極的に体に害を及ぼすものではありません。一方、皮膚にできる悪性の新生物が皮膚がんなのですが、こちらは進行度合いによっては5年後の生存率が6割を下回ってしまうという非常に危険なものです。この老人性イボと皮膚がんには「皮膚の出来物」...

年齢を重ねてきて、以前なかった場所にホクロみたいなシミやイボがあることに気づくことってありませんか?特に女性は肌に敏感でふと鏡を見た時に「今までなかったのに…」なんて思うことがありますが、それは加齢が原因かもしれません。では何故できるのか、どうしたら防ぐことができるのか説明したいと思います。脂漏性角化症の原因一番の大きな原因として、紫外線にあります。若い時はよく夏の日差しを受け海へ行ったり、日光浴...

スキンタッグってそもそもなに?って思っている方がたいはんだと思います。スキンタッグとは、ズバリこれは首や胸にできるイボのことを示しています。皮膚が薄いところに多くできます。なので首や胸だけでなく、わきやまぶた、太ももの付け根にもできることがあります。これは汗をかく場所に多く症状が出てきます。スキンタッグの症状ってどんな感じなの?スキンタッグはイボの中でもけっこう小さめのイボのことです。大きくなった...

首にポツポツとできる、突起状のイボ、それが首イボです。経験したことがある方もいるでしょう。「あ〜首イボ嫌だなあ、一気にオバサンになった気分」と思ってしまいますよね。首の開いたシャツを着る時も気になります。首イボはどうしてなるのか、首イボをとる効果があるものは何かをご紹介します。首イボの原因は何?若いころはタンクトップだろうが、水着だろうが、足の太さは気にしても首回りなんて気にしませんよね。鎖骨の見...

首や脇、おしりに発症しやすいと言われるスキンタッグ。歳を重ねるごとに増えるシワと相まって、スキンタッグのある肌は決して綺麗ではありません。それどころか巷では、こうした肌は老齢の証拠だと禁忌する声も挙げられています。では若い内からこのスキンタッグを予防する方法や対処法は無いのか?この記事ではスキンタッグを若年から意識して、エイジングケアする方法を紹介していきたいと思います。そもそも、なぜスキンタッグ...

「首元や胸元にホクロのようでホクロじゃない、おできのようなものができてきた。これってイボ?」と疑問を持っている人はいませんか?それはイボの一種「スキンタッグ」かもしれません。老人性イボとも呼ばれているスキンタッグは、老化と共に出現してくる人が多い皮膚疾患なのです。そこで今回は、スキンタッグの症状からケア方法、増やさないための予防策について詳しく解説していきます。スキンタッグとはスキンタッグとは、良...

厚着から薄着に変わる季節やアクセサリーを付けた時に、ふと気になる首のザラザラやブツブツ…それはもしかして老化による「首イボ」かもしれません!一度できてしまった首イボはとてもやっかいで、早めの対策をしないと、どんどん増えて見た目も悪く、大変なことになってしまいます。ここでは、首イボの原因や対策、予防法などについて簡潔かつ詳しくご紹介します。そもそも首イボってなに?首イボとは、古くなった角質が徐々に層...

年を重ねるにつれて、イボのようなものが体のあちこちにあることに気づくかもしれません。特に多いのが首まわりの首イボです。何か分からずに心配になるかもしれませんが、その多くは無害で心配無用です。ここでは、年齢が高くなるにつれてできる首イボについて、その種類と原因、対処方法についてご説明します。首イボの種類とは?老化による首イボのほとんどは、スキンダックと呼ばれるものです。形は様々で平のものや突起状のも...

ふと気が付いたら、首に「首イボ」ができている…。少し年を重ねると、このような経験をしたことはございませんか?今回は、そんなあなたに首イボの治療方法と、その特徴をご紹介します。首イボってなに?茶色あるいは肌色の、米粒よりも小さな突起物のことです。この突起物は「アクロコルドン」と呼ばれる物質で、紫外線と摩擦が原因でできてしまいます。首の周りだけでなく、わきの下などにできる場合もあるようです。年を重ねる...

人間誰しも、年齢を重ねる毎に肌が衰えていき、老人性イボが出来やすくなります。これはどうしようもない事ですが、日ごろからスキンケアを欠かさず努力を続けることで老人性イボが出来にくい元気な若い肌をなるべく長く維持することは可能です。また、もうすでに老人性イボが出来てしまっていても、老人性イボは適切な治療により除去も可能です。今からでも遅くはありません。まずは老人性イボの知識を学ぶことから始めましょう。...

首や顔にイボができた!皮膚科へ行くものなのか、放っておいたらいいのか?などと、どうしたらいいのかお悩みの方は多いのではないでしょうか?これは「老人性角化症」といい、別名「老人イボ」や「年寄りイボ」と言われることもあります。一般に年をとると顔や体など全身にできてくるイボのようなものなのですが、若い方にできる場合もあります。この「イボ」の原因と対処法を紹介していきたいと思います。具体的にどういうものな...

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)とは、皮膚に出来る良性の腫瘍です。脂漏性角化症が出来る原因、予防法、診断、治療法について、詳しくご紹介します。脂漏性角化症の原因脂漏性角化症は老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)や老人性イボとも呼ばれていて、皮膚の老化現象と考えられています。手の平と足裏以外なら、全身どこにでも出来ますが、顔や頭皮など、日光を浴びやすい場所に出来やすいため、紫外線も出来る原因の1...

老人性イボという言葉を聞いたことがあるでしょうか?老人性イボとは、男女関係なく、主に加齢と共に、首や顔などに増えてくる皮膚の良性腫瘍のひとつです。正式名称は、脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)と言います。80歳以上の高齢者ではほとんどの方に見られ、早い方では20代で見られると言われています。老人性イボは肌に関係するものですので、女性の方は、特に気になると思います。そこで、老人性イボの原因と予防...

老人性イボとも称される脂漏性角化症ですが、これは皮膚に発生した良性の腫瘍であるために、放置したとしても、健康上は何らの問題もないです。しかし、顔に発症してしまった場合には、美容上とても気がかりですよね。しかも、この脂漏性角化症が発症してしまえば、徐々に肥大化していくために、取ることを考えているのであれば、早期に行っておいたほうが良いでしょう。皮膚科での治療法には、何種類か存在しますが、顔に生じた脂...

顔や首にできるイボやプツプツは老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)と呼ばれ、茶色く濁った見た目から女性から禁忌される存在でもあります。インターネット上では、自ら行う老人性疣贅の切除方法なども紹介されていますが、専門医に相談もなく自分だけで治療を行うのは非常に危険です。今回は、その理由について解説していきます。老人性疣贅とは何?顔回りや首元、腕回りなどに発症しやすいイボやプツプツは色々な名称で呼ばれま...

紫外線や加齢によって発症する老人性イボ。放っておくと肌の表面で固着し、なかなか取るのが難しくなるだけに早めの治療を心掛けたいものです。では、どのようにすれば老人性イボを治療できるのでしょうか。今回は、皮膚科と自宅での治療法、それぞれのケースを解説していきます。老人性イボの性質と名称の由来老人性イボは主に顔や首にできやすい、茶色いぼつぼつのことを指します。小さいものでは直径1mm、大きいもので直径5...

顔や首元に発生するイボイボやプツプツといった肌のトラブル。こうした症状は老人性イボと呼ばれ、美しい素肌を阻害する天敵とされています。では、なぜ老人性イボが発生するのでしょうか。その原因を探ることで、非常に効果の高い予防策を打つことが可能になります。老人性イボの起こる原因老人性イボは別名、脂漏性角化症や老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とも呼ばれ、茶色く濁ったプツプツやイボが特徴の肌の症状です。顔や...

顔や首にできる茶色いイボやプツプツは老人性イボと呼ばれ、多くの女性を悩ませる肌のトラブルとされています。現在では、専門医による除去法の他に、自宅で自分で行える除去の方法がありますが、一体どれを選べばよいのでしょうか。今回は、老人性イボを除去する代表的な4つの方法のメリットとデメリットをそれぞれ挙げて、解説を行っていきます。まずは老人性イボの原因を把握しよう!ある問題に対処するには、まずその問題の持...

顔回りや首元に発症しやすい老人性イボは、シミとは異なり跡が残りやすく、完治までしばらく時間が必要になります。出来てしまってからでは治療に時間がかかってしまうため、なるべく早めの対策を心掛けたいものです。今回は、自宅でも簡単に行える老人性イボに効果のある市販薬に焦点をあて、老人性イボの早期治療の方法を解説していきましょう。日々の生活を見直そう!老人性イボの特徴と原因老人性イボは脂漏性角化症や老人性疣...

薄黒い肌のポツポツとして毛嫌いされる老人性イボ。皮膚科に診断にいくことで、液体窒素を利用した切除を行ってくれます。しかし、この液体窒素の治療法、老人性イボにいったいどれほど効果があるのか分かりづらいのも事実です。そこで、今回は、液体窒素による治療法の効果を解説すると共に、老人性イボの施術後に行うべき対処法も含めて紹介していきたいと思います。痛みは?治療費は?気になる液体窒素の治療法を公開老人性イボ...

紫外線を浴びると発症しやすい肌のイボやプツプツ。これらはスキンタッグと呼ばれ、お悩みの女性の方も多いのではないでしょうか。しかし、一度発症したスキンタッグも簡単に切除する方法があります。ただ、切除した後もきちんとした対策を行わないと再発する可能性も非常に高いのも事実です。今回は、スキンタッグを切除する3つの方法と、再発を起こさないための効果的な予防法について解説を行っていきます。スキンタッグの原因...

スキンタッグは“Skin Tag”と表記し、“Skin”は“肌”を、“Tag”は“房”という意味があります。肌にできる房、すなわちイボやポツポツなど肌のトラブルを指します。スキンタッグは加齢による発症率が高く、一度発症してしまうと切除するための時間や費用、手間が膨大になってしまうことから、あらかじめ適切な予防を行い、スキンタッグが発症しづらい素肌を作る方法が最適です。今回は、スキンタッグを予防する...

老人性イボの中でも1〜3mm程度と、比較的小さなポツポツであるスキンタッグ。小さいからこそ治療も簡単だということで、インターネットを中心に自宅での治療法が数多く紹介されています。しかし、小さいイボのスキンタッグでも侮るのは危険です。肌の表面にできる突起物は色々な種類があり、素人目で判断するのは困難を極めます。今回は、自宅で行うスキンタッグの治療法の危険性と、そのリスクを避ける適切な治療法を解説して...

皮膚の表面に斑点状に現れるシミ。イボやポツポツなど凹凸状に発症する脂漏性角化症。見た目は同じように見えるこれらの肌トラブルも、実は治療法や対処法が全く異なる、ということをご存知でしょうか?シミや脂漏性角化症など、肌に現れる病気は症状ごとに治療の仕方を変えるべきであり、治療の順序を間違ってしまうとさらに症状が悪化してしまうリスクもあるのです。今回は、色々な肌のトラブルが同時に発症してしまった場合の対...