首イボに効くと言われているヨクイニンとは?その効果は?

首イボ−ヨクイニン

年を取るに従ってイボが目立つ様になってくる人がいます。特に女性は首回りが開いている服装をすることが多く、首にイボがあると老けた印象になってしまいます。

 

最近では首のイボを取るには「ヨクイニン」が効果的とされていますが、どの様な効果があるのでしょうか。

 

ヨクイニンとハトムギの違い

ヨクイニンというと何かの化学薬品の様なイメージがありますが、実は一般的に良く知られている「ハトムギ」の皮を取り除いた種子の部分のことです。
ハトムギは2000年以上も前から中国で食用にされていた植物で、当時から美容効果や滋養強壮などに効果があると言われていました。

 

ハトムギには玄米の2倍ものたんぱく質が含まれていて、その他にも「カルシウム・鉄分・ビタミンB群」など健康に必要な栄養素が含まれています。
日本では「ハトムギ茶」として馴染みが深く、美容効果を期待して飲む女性が多くいます。

 

つまり、ヨクイニンとハトムギは全く同じものなのであり、漢方薬として販売される場合に「ヨクイニン」と代呼ばれ、健康商品として成分を多少薄めたり、他の成分を混ぜて販売される場合には「ハトムギ」と呼ばれるというだけの違いなのです。

 

身体の新陳代謝を活性化させる

[ヨクイニンが首のイボに効果がある理由として、身体の新陳代謝を活性化させて、皮膚の再生をサポートする役割があることが挙げられます。ヨクイニンには「コイクセラノイド」という成分が含まれていて、これには肌の角質分解する働きがあります。

 

首のイボの原因は、老化や紫外線、洋服な度の刺激ににより、肌の角質が変化して形成されるものです。身体の新陳代謝が活性化すると免疫力が高まり、肌のバリヤ機能がアップします。

 

これにより新しくて強い皮膚が再生されるので、首のイボが改善されるとい言われているのです。

 

デトックス効果が期待できる

ヨクイニンには利尿作用があり、身体の老廃物を排出させるデトックス効果があります。リンパの流れが良くなるので、乾燥肌が改善されて皮膚が潤う様になり、肌荒れやシワなども改善されていきます。

 

デトックス効果により老廃物がなくなると、皮膚の表面まで栄養が行き渡り易くなります。これにより、角質層が健康になることから段々と首のイボも改善されていくのです。

 

ビタミンB群の効果で美肌効果が発揮される

ヨクイニンにはビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群は身体の粘膜を強くして、免疫力をアップさせる働きがあります。身体の粘膜が強くなれば皮膚の細胞が活性化して、ターンオーバーを正常に保てる様になります。

 

シミやそばかす、首のイボは皮膚の角質層にあるメラニンが変化したものです。肌のターンオーバーが正常に戻れば、古い角質は自然に剥がれ落ちて行く様になり、首のイボ自然に少なくなっていきます。

 

漢方薬として気長に服用すること

ヨクイニンの効果は、主に血行を良くしすることで基礎代謝を高めて、細胞を活性化させたり身体に溜まった毒を排出させることで、あらゆる炎症や色素沈着を改善することです。

 

首のイボはもちろん、美白効果も期待できる生薬なのです。但し漢方薬ですので即効性は期待できません。
効果が感じられるまでには2ヶ月〜3ヵ月はかかると思い、気長に摂取していきましょう。

 

まとめ

専用のクリームもありますので、そちらの利用もおすすめです。

 

首イボ専用クリームランキング