脂漏性角化症(首イボ)の市販薬おすすめ3選!価格と効果を比較!

首のイボ−市販薬

首のイボに悩んでいる人も少なくないと言えます。イボは体の至る所に出来るため、出来た場所に応じた正しい対処が必要となります。

 

現在、首イボの治療に関しては医療機関での治療が基本となりますが、薬局などで市販されている市販薬での首イボ対策も可能です。

 

ただし市販薬にも種類があるため違いを正しく理解することが必要となります。

脂漏性角化症(首イボ)の市販薬おすすめ3選

【第3類医薬品】イボコロリ内服錠 180錠

イボコロリ内服薬

効果
生薬のヨクイニンから抽出されたエキスを配合している市販薬です。なので、体にやさしく作用し、首や顔のイボや、皮膚のあれに効果が期待できます。
価格
1,418円

 

【第3類医薬品】ヨクイニンエキス顆粒クラシエ 45包

クラシエ

効果
イボや皮膚のあれに効果が期待されてきた生薬である「ヨクイニン」を配合している市販薬です。首イボに、使用できます。
価格
1,649円

 

 

【第3類医薬品】ヨクイニンS「コタロー」 720錠

ヨクイニンSコタロー

効果
ヨクイニンを配合している市販薬です。全身のめぐりをよくし、水毒体質の改善、清熱排膿の働きを促します。お肌のあれや、首イボに効きます。
価格
3,972円

 

首イボ専用クリームランキング

 

 

市販薬で治せるイボの種類とは?

首イボの市販薬

市販薬には塗り薬や漢方、内服薬といったように薬の種類だけでも多種多様となっています。それぞれに効き目のあるイボの種類が異なりますので違いを正しく知り安全んに使用する必要があります。

 

最も有名なイボ市販薬と言えばイボコロリと呼ばれる塗り薬ですが、このイボコロリで取ることが出来るイボは魚の目やタコといった足などに出来る硬いイボに限られています

 

など皮膚の薄い場所に出来る首イボには基本的に使用できない市販薬となっています。イボコロリの場合、即効性が高く早期にイボを除去することが出来ますが、それだけ成分がきつく、薄い皮膚には危険性が高いと言えます。

 

実際、イボコロリの取扱説明書には、「首には使用しないように」と注意書きがあります。また絆創膏タイプのイボコロリもありますが、これに関しても塗り薬と同じ成分のため首イボには使用できません。

 

漢方薬の塗り薬「紫雲膏」は首イボに使用可能?

紫雲膏

イボコロリと同じく塗り薬タイプの市販薬に紫雲膏と呼ばれる薬があります。これは塗り薬ですが漢方成分で出来ているためイボコロリのように首イボに使用できないと言うことも無く、成分的にも漢方なので安心して使用することが出来ます。

 

効能としては紫雲膏に含まれる漢方成分により皮膚を柔らかくする効果があり、高い保湿効果によりイボの発生を抑えることも出来ます。殺菌作用や抗炎症作用なども高いのでウイルス性のイボにも一定の効果があります。

 

首イボに関しては、老人性イボであった場合、紫雲膏を塗ることで肌の状態を改善しイボを解消してくれる効果が高い市販薬です。ただし即効性は無いので気長に塗り続ける必要があります。

 

実際、内服薬で首イボを治せる?

首イボ

市販薬には内服薬の首イボ市販薬も数多く販売されており、「イボコロリの内服薬」や「ヨクイニンという成分を使用した内服薬」が有名です。

 

同じイボコロリでも内服薬の場合は首イボにも使用可能となっていますし、ヨクイニン錠などヨクイニンを含む内服薬に関しても首イボやウイルス性イボに効果があると言われています。

 

基本的には決められた用法と容量を守り使用することで徐々に効き目が表れ首イボを抑える効果があるのが内服薬の首イボ市販薬となっています。塗り薬との大きな違いは体全体のイボに効果があると言うことで、飲むことにより首イボだけでなく手や足のイボ、顔のイボなどにも効果がでます。

 

ただし内服薬の場合かなりの長期間服用しないとその効果を得ることが出来ませんし、体質的に内服薬が使用できないといったケースもあるので誰にでも勧めることが出来るものではありません。その為内服薬を使用する場合は医師の診断を受け使用可能かどうかを聞き判断することが必要です。

 

ハトムギエキスを直接、塗布する方法

ヨクイニンの内服薬は効果が出るのが遅いのがデメリットです。ですが市販薬を使わない方法になりますが、首イボ対策には、ヨクイニンの元となる「ハトムギエキス」を直接、首イボに塗布する方法もあります。

 

ヨクイニン

 

例えば、「艶つや習慣」という商品は、首や顔のイボに悩む女性のために作られたオールインワンジェルです。艶つや習慣には、ヨクイニンの元となるハトムギエキスが配合されています。その他にも期待できる栄養成分が含まれています。

 

そのため、首イボに悩む女性に人気のクリームになっています。

 

このような商品を活用すれば、ハトムギエキスを直接、首イボに塗布することができます。ヨクイニンの市販薬で内側から、艶つや習慣で外側からと、内側と外側からケアするとバッチリです。

 

首イボに悩む方は市販薬だけでなく、このような専用クリームを使ってみることをオススメします。

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

首イボの市販薬は、ヨクイニンが配合された内服薬になります。ですが、内服薬は効果が遅いのがデメリットです。

 

それを克服するために、「艶つや習慣」などの専用クリームなどを使うのがオススメです。専用クリームは、患部に直接塗布できるので、外側からアプローチすることができます。

 

首イボ専用クリームランキング