首のイボにはオリーブオイル成分が有効?

首のイボ−オリーブオイル

にいつの間にか出来てしまったイボというものはとても面倒なものだと言えます。簡単には取れませんしかといって放っておくと増えたり大きくなる恐れもあり、どうすれば簡単に撮れるのかと悩んでいる人も少なくないでしょう。

 

そんな首のイボにオリーブオイル成分が効き目があると言う話を良く耳にしますが、実際にオリーブオイルの成分は首イボに効き目があるのでしょうか。

 

首イボの出来る原因は肌の状態に問題が

首イボ

首にイボが出来る原因としては長年蓄積された肌へのダメージや乾燥による肌バリア機能の低下、肌の状態が悪化することでのターンオーバーの乱れなどが複合的に絡み合いイボを作り出す原因となっています。

 

首イボの場合若い間は全く無かったのに年齢を経ていくとともに増えてしまうのは、そういった原因があるためだと言われています。特に肌の乾燥による肌バリア機能の低下に関しては細胞へのダメージを増やすことになり正常な細胞の生まれ変わりを阻害してしまうことになります。

 

そうなると正常に細胞を生まれ変わらせることが出来なくなり、イボといった形で表面上に異常が生じることになります。この乾燥を防いでくれる効果があるのがオリーブオイルの成分であるオレイン酸と呼ばれるものになります。

 

オレイン酸でイボが治る?

オレイン酸

オレイン酸は細胞と細胞の間にある脂質のことで、オリーブオイルにはこの成分が非常に豊富に含まれています。オレイン酸は年齢を重ねるとともに減少していきますし、減少により肌の乾燥を招きハリや艶を失わせるとともに保水や保湿効果も大幅に減少することになります。

 

それがバリア機能の低下を招くためオリーブオイル成分であるオレイン酸を肌に補給することは肌の状態を正常に戻してくれる効果が期待できますし、その効果によりイボが小さくなったりある日突然ぽろっと取れるということも有ると言えます。

 

オレイン酸は水分を引き寄せる効果があるので非常に保水に関しての効果が高く、オリーブオイルはオイルなので水分を逃がさない被膜の役割もしてくれます。その為肌の状態を改善する効果が高くイボに対しても一定の効果が期待できます。

 

イボ全てに効果があるわけではない

オリーブオイルの成分であるオレイン酸によるイボへの効果は全ての人に当てはまるものではありません。確かに保水や保湿効果が高く肌の状態を良い方向へと導いてくれるのは間違いありませんが、肌に合わない人もいますしウイルス性の首イボには効果が無いと言えます。

 

何故ならウイルス性のイボの場合はウイルスを取り除かない限りイボが治らないため、オリーブオイルを塗ればイボが治ると過信するのは間違いだと言えるでしょう。

 

過度な期待をしてオリーブオイルを使い続けても効果が出ない場合もありますし、肌に合わなければ逆に肌荒れになる恐れもあるので、その点も理解した上で使用することが重要なポイントと言えるでしょう。

 

使用する場合には十分に注意をして異常を感じた場合にはすぐに使用停止をすることも必要です。

 

首イボ専用クリームランキング