【馬油は首イボに効果あり!】馬油の効果と、おすすめ商品3選

首のイボ−馬油

首イボができてしまって悩んでいるという女性も多いです。首イボを取る方法のなかでも、とくに痛みもなく手軽にできる方法として、馬油を使用するという方法があります。

 

そこで今回は、その馬油を使った首イボの除去を中心にお話ししていきます。

 

馬油の効果

馬油というのは、とくに人間が本来持っている保湿成分である皮脂と、非常に近しい成分だといわれています。そのため、塗ると物凄く浸透がいいです。

 

首イボは皮膚の奥に根付いています。また、シミなどは角質層に加わったダメージが原因です。しかし、馬油はそういった角質層のレベルにまで浸透していきます。

 

そして、人間が本来もっている再生機能である肌のターンオーバーを促進してくれます。これによって、新しい皮膚がすごい勢いで生成されて、シミが薄くなったり、首イボが取れる効果が見込めるわけです。

 

さらに、首イボの原因である老化を進行させる活性酸素の発生も、この馬油が抑制してくれます。こういった優れた抗酸化作用を持っているところも、馬油の大きな魅力になっています。

 

そのため馬油は、老化の原因である活性酸素を抑制するということで、アンチエイジングにも用いられるようになっています。

 

実際に、馬油を使ったことがある女性の体験談

馬油は首イボに効果があるのでしょうか?疑問に思っている女性も多いことでしょう。そこで実際に、馬油を使ったことのある女性の体験談を紹介します。

 

首イボと馬油

 

私は、30代に入ったあたりから、顔のシミや首のイボなどが気になりだしました。仕事の関係から、とくに昼間は直射日光を浴びていることが多く、その紫外線の影響が大きかったからだと思います。

 

そこで私は、そういったシミや首イボをなんとかするために、馬油が良いと聞いたので、馬油を塗り始めました。馬油を塗り始めて数週間後から、徐々にシミが薄くなっていったように感じました。

 

最初は首イボのほうは相変わらずだったのですが、2ヶ月ほど経ってから、異変に気づきました。それまでの手触りと変わっていたからです。気づいたときには、もうなくなっていました。

 

まぎれもなく馬油の効果だと考えています。そしてシミのほうも、気にしていたときよりも、馬油を塗り出してからのほうが断然よくなりました。


 

この女性の感想から、実際に、馬油には首イボに効果があることが分かります。この女性だけでなく、馬油の効果を感じている女性は多いことでしょう。

 

 

馬油を使ったおすすめ商品3選

ここで馬油を使ったおすすめ商品を紹介します。

 

ソンバーユ 無香料 70ml

ソンバーユ

ソンバーユ 無香料 70mlの特徴

ソンバーユ 無香料 70mlは、アマゾンで最も人気を誇る馬油を使った商品です。アマゾンレビューが、なんと1000件を超えるほどの人気商品です。

価格 1400円
アマゾンレビュー(1155人の平均評価) 評価5

 

ソンバーユ 液 無香料 55ml

ソンバーユ 液 無香料 55ml

ソンバーユ 液 無香料 55mlの特徴

ソンバーユ 液 無香料 55mlは、アマゾンで最も人気を誇る馬油を使った商品「ソンバーユ 無香料 70ml」の液状オイルタイプです。この商品もアマゾンレビューが、なんと557件と、圧倒的な人気商品です。

価格 1,532円
アマゾンレビュー(557人の平均評価) 評価5

 

ロッシモイストエイド 馬油スキンクリーム 220g

ロッシモイストエイド 馬油スキンクリーム 220g

ロッシモイストエイド 馬油スキンクリーム 220gの特徴

ロッシモイストエイド 馬油スキンクリーム 220gは、馬油を使った大容量型全身用スキンクリームです。安価なのが特徴です。

価格 290円
アマゾンレビュー(259人の平均評価) 評価5

 

首イボにはハトムギ配合のスキンケアジェルもおすすめ!

首イボジェル

 

首イボの専用ジェルとして人気なのが、「艶つや習慣」です。

 

艶つや習慣には、首イボの治療に使われるハトムギエキスを配合しています。その他にも、首イボ対策のために、「あんずエキス」「プラセンタエキス」「アロエベラ」「ヒアルロン酸」といった美容成分を配合しています。

 

オールインワンジェルなので、艶つや習慣が1つあれば、毎日のスキンケアもばっちりです。家事に、外出支度にと、忙しい朝にも便利です。

 

首イボ対策には、馬油だけでなく、しっかりと美容成分が配合された専用商品も販売されています。艶つや習慣のような人気の商品も検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

馬油の効果的な使い方

馬油の使い方

馬油の使い方として、とくに効果的な使い方だと思われる方法を紹介していきます。まず、塗るタイミングですが、これは「朝の洗顔後」と「夜のお風呂から出た後」です。

 

とくに馬油は高い保湿効果を持っています。ですので、朝、洗顔を終えて化粧水を塗った後、乳液がわりに馬油を使用します

 

馬油は良く伸びる性質をもっていますから、米粒1個分くらいを指につけて、それを伸ばしていきます。顔をやさしく包むように馬油をなじませてから、手の平をそのまま首につけていきます。よくなじむように、しばらく手で押さえておきます。

 

夜の使い方も同じで、お風呂から出て、化粧水を塗った後、馬油を使うようにします。このようにすると、冬場でも乾燥を感じることはありませんし、首にあったイボはなくなり、それ以後、新たにイボができることもありません。

 

馬油はあまりつけすぎると、べたべたになってしまいますから、気持ち少ないと感じるくらいのちょっとの量を手に取るようにするのがおすすめです。

 

まとめ

馬油は使いにくいと言う方もいると思います。そのような方は、「艶つや習慣」などの首イボ専用クリームを使うと良いでしょう。それらを使うことで自宅でも綺麗に対策することができます。

 

首イボ専用クリームランキング