首のイボの種類とは?

首のイボ

首イボと言っても、たくさんの種類があり、特徴もそれぞれ違います。放置しても問題のないイボもあれば、他人に感染させてしまうウイルス性のイボもあります。

 

首イボに悩んでいる方は、まず自分にできているイボがどの種類のイボなのか知ることが大切です。

 

脂漏性角化症(老人性イボ)

脂漏性角化症老人性イボとも言われ、老化とともに発生するイボの一種です。顔や体を問わずどこにでもできてしまうのが特徴で、色もさまざまです。肌色が多いですが、褐色や黒っぽくなることもあるようです。

 

形についても、平なものからポコッともりあがったものまで様々で、かゆみを伴う場合もあります。年を重ねていくにつて、どんどん大きくなる傾向があります。このイボは良性の腫瘍でウイルス感染する心配もないため、放置しても問題はありません。イボが大きくなり、見た目が気になる場合は除去するとよいでしょう。

 

アクロコルドン

とてもできやすいイボで、首や胸元にできるイボの多くがこのタイプだと言われています。皮膚が柔らかいところに多くでき、色は肌色、大きさは3mm程度と小さいため、気づかずに放置してしまいがちです。

 

このイボもウイルス感染ではなく、紫外線や摩擦などなんらかの外的刺激によって発生するものです。また原因と一つとして、遺伝的な要素も考えられています。首にできやすいイボなので、ネックレスに引っかかってしまうこともあります。

 

引っかかって擦れてしまうと、症状が悪化し、炎症を引き起こしてしまうこともあるので注意が必要です。

 

スキンダック

スキンダックはアクロコルドンよりイボの突起の部分が大きくなったものです。汗をかく場所に多く発生すると言われており、顔や首回りだけでなく、手や腕、背中にもできます。

 

このイボは肌色だけでなく、茶色や黒っぽくなるものまでさまざまで、黒っぽいものはホクロと似ています。大きさは大きくなると1cmほどになります。形は平らなものも、ボコッと盛り上がるものもあります。このイボもウイルス感染するイボではありませんので、他人に移してしまう可能性はありません。

 

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

イボの代表的なものとして知られる種類のものです。手の指や足など、擦れやすい部分に多くできます。硬くて、皮膚が白っぽくなり突起状の組織を形成します。

 

このイボは、ヒトパローマウイルスというウイルス感染が原因のイボで、他人へ感染してしまいます。公衆浴場などでも簡単にうつってしまうので、傷口のある人は注意しなければいけません。

 

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)

その名の通り平べったい形が特徴的なイボです。比較的若い年代にみられるイボで、女性にできやすく、更年期を迎えるころには、ほとんど発症しなくなります。

 

大きさは他のイボと比べると小さく、2mmほどで、色は肌色がほとんどです。ニキビに似た見た目をしています。顔にできやすく、痛みやしこりのある感覚はありませんが、気づかずに放置してしまうと、ウイルス性のイボのため、傷口から他人へ感染させてしまう危険があります。

 

このイボができたら、家族とは別のタオルを使用するといったような対処が必要になります。

 

まとめ

首のイボにはいろいろな種類があります。病院での治療が必要なもの、自宅でも対策できるものと様々です。自宅で対策する場合は、専用のクリームがおすすめです。

 

首イボ専用クリームランキング