【解説】首イボを皮膚科で治療するのにかかる料金はいくら?

首イボ−皮膚科料金

皮膚科首イボを治療しようと考えた時、気になるのが、治療法と料金ですよね。皮膚科で行う首イボの治療は、数種類あり、料金もそれぞれ違いがあります。

 

皮膚科での治療には、保険が適用される場合と保険が適用されない場合があります。保険が適用されない場合は、料金も高くなってしまいます。

 

また、皮膚科で治療するのではなく、内服薬による治療を考える方もいると思います。内服薬で治療を考える場合は、市販で購入する方法や皮膚科で処方してもらう方法があります。

 

このように、首イボの治療と言っても、治療法や料金が違ってきます。今回は、皮膚科で首イボを治療するのにかかる料金と内服薬を使用する場合の料金を解説していきたいと思います。

 

内服薬による首イボ治療の料金

内服薬−首イボ

内服薬による首イボの治療ですが、種類が多く、薬の内容量の違いがあるため、価格も幅が広くなっています。首イボに効果があると言われている内服薬を数点調べて、内容量を1か月の使用に調整してから価格を計算してみました。

 

首イボを内服薬で治療しようとした場合の1か月の平均料金は「1500円〜3000円程」です。ドラックストアで購入する場合の料金と、ネットで購入する場合の料金によっても違いがあるため、多少の誤差があるかもしれません。

 

また、皮膚科で処方される内服薬は、もう少し料金を抑えることができ、1か月「1300円程」らしいです。しかし、皮膚科の場合は、診察料が掛かりますので、トータル料金を考えると、市販の内服薬と同じか、少し料金がかかってしまうかもしれません。

 

液体窒素による治療の料金(保険適用可)

液体窒素-治療料金

皮膚科で首イボの治療を行う場合、一番オーソドックスな方法です。保険が適用されるので、料金もそこまで高くありません。受診する皮膚科によって料金が異なりますが、1受診「500円〜800円程」です。

 

1受診の料金に、初診料や再診料が上乗せされた料金になります。液体窒素による治療は、1回の受診で終わるのではなく、数回受診することが多いです。

 

首イボの状態や量によって料金が変動しますので、目安として考えてください。首イボの量が多い方だと、全て除去するのに、5000円以上の料金がかかる場合もあるそうです。

 

外科的切除(保険適用可)

外科的切除

皮膚科で行う外科的切除は、小さい首イボならハサミによる除去がオーソドックスな方法になります。今は、ハサミによる除去と電気分解を組み合わせる方法があるそうです。液体窒素による治療と同じく、保険適用となっています。

 

料金は、1個「1000円程」となっており、この金額に、初診料や再診料が上乗せされます(場所によっては麻酔の料金も)。1回の受診で治療が終了することが多いそうですが、首イボの状態や量で変動します。

 

また、大きい首イボの場合は、手術によって除去することになります。料金は大きさによって異なりますが、1個「8000円〜15000円程」の料金がかかるそうです。こちらも、初診料や再診料、麻酔の料金が上乗せされます。

 

炭酸ガスレーザーによる治療(保険適用不可)

炭酸が図レーザーによる治療

レーザー治療設備のある皮膚科や美容外科で可能な治療法です。保険が適用されませんので、料金は少し高くなります。

 

また、首イボの症状(老人性イボやウイルス性など)によって料金が異なってきます。老人性イボの場合は、1個の除去で「1000円程」の料金になります。

 

ウイルス性イボの場合は、大きさによって変動がありますが、1個の除去で「10000〜30000程」の料金になるそうです。

 

レーザー治療の場合、除去するための料金に診察料と麻酔の料金が上乗せされますので、覚えておいてください。受診する皮膚科や美容外科によって、料金も異なりますので、事前に確認すると良いと思います。

 

まとめ

皮膚科などの医療機関で首イボの治療を考えると、多少費用がかかってしまいます。皮膚科によって料金も異なりますし、首イボの症状・量・大きさなどでも料金は変動してきます。

 

また、首イボの状態によっては、できない治療もあります。今回紹介したのは目安ですので、皮膚科などの医療機関で首イボの治療を考えている方は、事前に確認しておくと良いと思います。

 

首イボ専用クリームランキング