老人性ゆうぜいとは?

老人性ゆうぜい

老人性ゆうぜいという言葉をお聞きになったことがおありでしょうか?あまり聞きなれない言葉かもしれませんが。老人性ゆうぜいを漢字で書くと老人性疣贅という非常に難しい漢字になります。

 

それで今回は老人性ゆうぜいと書いて統一したいと思います。同じ意味で脂漏性角化症とか老人性いぼとも呼ばれています。医学的な病名は脂漏性角化症となりますが、普通に呼ぶのには老人性いぼのほうが呼びやすいかもしれません。

 

また老人性ゆうぜいの「ゆうぜい」という言葉は、「いぼ」という意味がありますから、老人性ゆうぜい、脂漏性角化症、老人性いぼとどの呼び方でも間違いがなく、患者の立場であれば、どの呼び方をしてもかまわないでしょう。

 

老人性ゆうぜいの症状とは?

老人性ゆうぜい

老人性ゆうぜいとは皮膚の良性腫瘍です。ほくろのようにも見えますが、たいていの場合は、茶色や黒で、突起部分があり、その部分はすべすべだったり、ざらざらしていたりと様々です。

 

老人性というだけあって、60歳以上の老人の顔、首、肩などに良く見られ、80歳以上の老人にこの老人性ゆうぜいがない人はいないとも言われています。先ほども書きましたように良性の腫瘍ですから、健康には被害がないので、ひとまずは安心といえるでしょう。

 

老人性ゆうぜいの原因とは何でしょうか?

老人性ゆうぜいの原因

ズバリ紫外線の影響です。私たちの体は紫外線を浴びた時にメラニン色素を作ります。そのメラニン色素は私たちの肌の奥まで紫外線が到達しないようにバリアする働きがありますが、このメラニン色素が肌の代謝で常に新しい状態になっていれば問題がありません。

 

しかし老化とともに肌の代謝が落ちてしまい、肌を守ろうとしていたメラニン色素が皮膚の上に固まっていぼ状態になってしまうのです。ですから、まだ60代70代になっていなくても紫外線を今までに多く浴びてきた人は老人性ゆうぜいになりうる可能性を持っているということが分かります。

 

老人性ゆうぜいの対処置法。

老人性ゆうぜいは年齢とともに大きさが拡大していきます。ですから最初は小さくあまり目立たないかもしれません。それで小さいときに処置するのが賢明でしょう。処置の方法としては「電気焼灼」「冷凍療法」「レーザー治療」「ハサミで切り取る」という方法があります。

 

電気焼灼の方法は、老人性ゆうぜいが出来た時にそれを焼きとるという方法です。

 

レーザー治療、ハサミ治療では、その部分を切り取りますが、どの場合でも、小さいときに切除するなら、痛みも少なく、費用も安く済みますので、放っておかないようにしましょう。ですが、病院での治療にはメリットとデメリットがあります。

 

また自宅でも対策することが可能なので、当サイトのトップページを確認して下さい。

 

老人性ゆうぜいにならないために今からできること

80代のほぼ100パーセントの人が老人性ゆうぜいを発症しますが、顔などに出来てしまったら、見栄えが悪くなってしまいます。それで今から出来る事としては、紫外線対策です。

 

出来るだけ紫外線を浴びないように帽子、日傘、日焼け止めクリームを使用しましょう。またビタミンCなどのサプリメントを服用して、紫外線に負けないよう体の内部からケアすることが出来ます。

 

また専用のクリームを使うことで、対策できます。当サイトでは、この方法が最も簡単で実感できる方法としておすすめしています。

 

首イボ専用クリームランキング