首イボに馬油は効く?

馬油というモノをご存知でしょうか?スキンケアに詳しい方は聞いたことがあるかもしれませんが、あまり馴染みのないモノだと思います。馬油ですが、首イボの予防や改善に効果が期待できると言われています。

 

首イボで悩んでいる方の中には、イボ専用の化粧品などについての知識がある方もいると思いますが、馬油について詳しい方は少ないと思います。今回は、馬油について紹介し、首イボに効果があるのかを考えていきます。

 

馬油とは?馬油の特徴は?

馬油は、馬のたてがみや馬の皮脂脂肪層から抽出される油のことです。馬油は、中国で漢方として有名です。日本では、火傷した時の民間療法として、使用されることが多いと思います。

 

馬油の優れている点は、浸透性が大変高いということと、人の体内で合成できない不飽和脂肪酸を多く含んでいることです。また、馬油は人の皮脂に近い自然な油脂だと言われています。

 

つまり、馬油は、不飽和脂肪酸でコレステロールの沈着を防ぎ、高い浸透性と皮脂に近い油脂という特徴によって、肌のキメやバランスを整えるので、スキンケアとしても使用できるということになります。馬油は、無添加なので、安心して使用できるのも魅力です。

 

馬油の効能は?

ここでは、馬油の効能を詳しく紹介していきたいと思います。まず、馬油は、浸透力が高いので、肌の潤いを良くしてくれる働きが期待できます。

 

次に、馬油には、抗酸化作用や殺菌作用が期待できます。馬油は油脂ですので、肌に塗ると皮膚の表面に油膜を張って、外部から皮膚を守るはたらきが期待できます。さらに、高い浸透性によって、皮膚内部の空気(酸素)を追い出して、皮膚の酸化を防ぐと考えられています。

 

また、馬油を使用することで、保湿ができると考えられます。馬油は、皮膚の表面に膜を作ってくれますので、肌の水分が外部に出るのを防ぐことが期待できます。

 

馬油は、肌に塗るだけでなく、食べても問題ありません。馬油は、不飽和脂肪酸を多く含んでいますので、悪玉コレステロールを抑制する効果が期待できます。したがって、食用として馬油を使用して、コレステロールのバランスを整えることも可能だと思います。

 

首イボに馬油は効果があるの?

馬油について紹介してきましたが、首イボの改善に効果があるのかということを考えていきます。首イボの多くは、皮膚の老化現象によって、皮膚の新陳代謝が悪くなることが原因となります。皮膚の老化現象は、皮膚の酸化や外部からの刺激によって促進されます。

 

馬油は、皮膚の酸化を防ぐ効果や肌の潤いを保ち、保湿効果が期待できますので、皮膚の老化現象を抑えることができると考えられます。さらに、馬油の抗酸化作用によって、皮膚の新陳代謝を促進できる可能性もあります。

 

上記のことを考えると、首イボの改善や予防に、馬油が効果的であると考えられます。注意点ですが、馬油は、医薬品ではありませんので、イボが取れることや、急に改善されるという可能性は、低いということです。

 

しかし、小さな首イボであれば、消えることがあるかもしれません。また、首イボの予防としては効果が高いと考えられますので、試していただきたいと思います。

 

馬油でスキンケアをする場合の上手な使い方

馬油の肌への使用方法を紹介します。馬油は、大変よく広がりますので、肌に使用する際は、少量で大丈夫です。馬油を少量肌につけ、よく伸ばしながら指でマッサージするように、皮膚に浸透させてください。

 

馬油の使用目安としては、顔に塗る場合で、米粒大ほどの少量で大丈夫です。大量に使用する必要はありませんので、注意してください。馬油の価格は、少し高いので、1回の使用で大量に使用すると、コストパフォーマンスが悪くなってしまいます。

 

まとめ

馬油は、首イボの改善や予防に効果が期待できると思います。しかし、首イボ専用化粧品や医薬品と違いますので、急に改善されることは、ほぼありません。

 

また、馬油の効能を考えると、首イボだけでなく、肌トラブル全般に使用できると思います。馬油は、価格が少し高いですが、1回の使用量が少ないので、コストパフォーマンスは良いと思います。

 

首イボの改善や予防を行う場合は、継続することが重要となります。スキンケアの面から見ても、馬油は大変優れていると思います。馬油のコストパフォーマンスを考えると、継続することが可能だと思いますので、試してみてください。

 

首イボ専用クリームランキング